ソリューション

フォワーディング

国を越えてデータをつなぐ、
安心の一貫物流

アルプス物流は、保管・運送・輸出入貨物取扱のすべてを担うグローバル総合物流企業です。国境を越えてデータを一元管理できる安心感とともに、ジャストインタイム供給や共同倉庫、共同配送など、産業界に特化した総合物流サービスをお届けします。

お届けするのは、
アルプス物流だけの
一貫物流

あらゆるフォワーディングは
保管から始まる

適切な保管・管理が国と国をつなぐ安全・高品質な輸送を支える。アルプス物流はそう考えます。だからこそ、私たちは輸出入貨物取扱サービスを保管サービスの延長線上にあると認識しています。物流個性を捉えた倉庫運用を起点に、成田・関西国際空港をはじめ、京浜港、大阪港など日本を代表するゲートウェイに拠点を構えて輸出入を展開。お客様と納品先をグローバルに「Door to Door」でつなぐ「グローバルワンチャンネルサービス」を実現しています。
その質を高めるために、アルプス物流は日本だけでなく、海外でも自営体制を敷いています。

海外と日本を結ぶ主な拠点

成田国際空港

成田国際空港

関西国際空港

関西国際空港

京浜港

京浜港

大阪港

大阪港

国と国をつなぐ安心を究める

自営体制を拡充するアルプス物流は、中国をはじめ、韓国、ASEAN、インド、北米、欧州などに現地法人を設立しています。お客様の安心感に応えるため、現地の国際輸送ライセンスを取得し、2つのメリットの向上に努めています。
一つは、現地法人があるからこそ、グローバルで一貫した品質が保て、貨物のダメージや輸送ミスなどを防ぎ、高い輸送品質を保つことができます。もう一つが、現地の通関事情や法規制を把握できることです。お客様にとっては、国ごとに異なる運送方法や複雑な手続きなどを可能な限り省力化できます。
こうした海外各地での自営体制の強化が、税関手続きの簡素化などのベネフィットを得られる「AEO制度認定」の取得につながっています。また、世界各地に日本の高い輸送品質に精通する現地社員を配置。アルプス物流は、グローバルでお客様の安心を強固に支える体制を整えています。

お客様の安心を支えるフォワーディングの強み

ニーズにお応えする
ワンストップサービス

国内の倉庫から輸出先まで
「情報の一本化」を実現

産業界のグローバル化が進む中、アルプス物流はお客様のグローバルサプライチェーン最適化への貢献をめざしています。
輸出入に伴う多様なサービスをワンストップでご提供できるよう、アルプス物流は独自の情報システムを駆使した「情報の一本化」を図っています。
国内での集荷から倉庫での管理、輸出作業・通関・荷役、現地での一時保管や納品先への運送…。それぞれの物流機能を複数の物流企業で請け負えば、コストや時間のムダが発生してしまいます。たとえば、アルプス物流が国内から海外へ輸送する場合は、Port to Portでの貨物の輸送はもちろん、アルプス物流の倉庫へ入庫された時点からデータ化。現地で一時保管するアルプス物流の倉庫まで同一データをつなげることで、各工程での確認・検収を迅速化できます。それが、私たちのグローバルワンチャンネルサービスです。
世界各地のネットワークをワンチャンネルでご提供することで、アルプス物流はお客様のグローバル物流をマネジメントします。

輸出入取扱サービスの概要

輸出入取扱サービスの概要 輸出入取扱サービスの概要

輸出入取扱サービスの価値

輸出入取扱サービスの価値 輸出入取扱サービスの価値

面倒な書類作成も
アウトソーシング対応可能

面倒な貿易事務業務を代行

面倒な貿易事務業務を代行

輸出入に関わる貿易事務は、面倒で複雑な書類作成作業が多いものです。国内外を問わず、情報の一本化を行うことは、ご担当者の手間を削減することにもつながります。
たとえば、ラベルや管理キーコードなどを把握しているため、インボイス・パッキングリストの作成を代行できます。さらに、信用状や契約書に基づいた船積み書類作成など、発送に関する書類の準備もアルプス物流が請け負うことが可能です。
顧客視点で業務負荷の軽減を図れる。それも、アルプス物流が提供するフォワーディング機能の優位性です。

フォワーディング
多彩なメニュー

多機能物流拠点を軸とした
3つのソリューション

アルプス物流は、成田国際空港や東京港に、内貨倉庫と保税蔵置場が一体となった多機能物流拠点を設置。国内はもちろん、国外からの輸送製品であっても、同じ棟内で一時保管することが可能です。そこに、アルプス物流が独自に開発した情報システムを組み合わせることで、3つのソリューションをご提供しています。
一つ目は、「グローバルストック&デリバリーサービス」。一時保管後にご要望に合わせて国内生産品と海外生産品をキット化し、国内外の納入先工場へお届けします。二つ目は、「輸出貨物取扱サービス」。保管している製品の輸出梱包から輸出通関まで行い、リードタイム短縮とコスト低減を図れます。三つ目は「輸入貨物取扱サービス」。当社の輸出入センターで輸入通関手続きを行い、成田営業所や大井営業所にて指定納品書やラベルの発行・貼付などの流通加工を実施し、国内セットメーカー工場へのジャストインタイム供給を実現します。
輸出入を伴う物流のリードタイム短縮、各種効率化については、ぜひご相談ください。

ACCS倉庫運用システム ACCS倉庫運用システム

航空輸送も、海上輸送も、豊富な対応力

各地の自社拠点や国際輸送ラインセンスを活かしたアルプス物流のフォワーディング。航空・海上を問わない多彩なサービスからお客様に最適な輸送プランをご提供できます。
たとえば、海上サービスではフルコンテナ輸送のFCLや混載輸送のLCL、特殊コンテナ・在来船利用による一貫輸送、さらに調達物流に適したバイヤーズコンソリデーション、日本を経由しない三国間輸送など、幅広い輸送ニーズにご対応します。また、航空サービスでは電子部品はもちろん、温度管理の欠かせない食品や保冷品の輸送などもご提供。また、陸・海・空すべてにおいて、安全品質が問われる危険物輸送なども資格を有しています。

国際海上輸送サービス
FCLサービス Door to Doorのフルコンテナ輸送を世界中にご提供しています。
LCLサービス 小口混載輸送の貨物をグローバルでお届けします。
特殊コンテナサービス 通常コンテナだけでなく、特殊コンテナ・在来船サービスもご提供できます。
フェリーサービス 多頻度で定時性の高い輸送である日中韓フェリーサービス。輸送遅延が少なく、荷役もスムーズです。鉄道と組み合わせたSEA & RAILサービスも対応できます。
危険品輸送 危険品・化学品の梱包・保管・国際輸送の一貫手配を承ります。
バイヤーズコンソリサービス 複数の輸出者貨物を倉庫に集めてコンテナ化。少量・多品種貨物を目的地別に集約混載輸送できます。
三国間輸送 海外拠点間の輸送、海外非居住者運用での輸出入など、日本を経由しない輸送を実現します。
ドレージサービス 海上コンテナの国内輸送サービスやコンテナラウンド輸送サービスにも対応できます。
横持輸送サービス LCLに対応した蔵置場から蔵置場への輸送サービスです。
国際航空輸送サービス
危険物輸送 IATA貨物代理店としてIATA危険物取扱資格者を配置、安全を確保した輸送サービス。危険品倉庫も完備しています。
保冷品輸送 温度管理が必要な多様な商材に対応。保冷剤梱包も可能です。
食品輸送 温度管理が必要な生鮮食品サービス、冷却材の対応、輸出入規制・動植物検疫をサポートします。
成田空港シャトル便サービス 成田空港近辺倉庫と空港上屋を結ぶシャトル便(混載)輸送サービスです。
輸送以外のサービス
高機能輸出倉庫 内貨・保税貨物両方の機能を有した倉庫機能。自社開発WMSであるACCSを活用した高機能倉庫を実現します。
輸出梱包 小物から大型まで、貨物仕様に合わせた輸出梱包サービスです。

※ケース・クレート・スキッド・パレット・強化段ボール・バリアがけ梱包など

設備輸送 搬出~梱包~通関~船積み~国際輸送~現地搬入までを一貫手配。中古設備輸出に関わる各種規制もサポートできます。
荷主代行サービス 輸出業務(商品・梱包明細、本船ブッキング情報、信用状、契約書に基づいた輸出船積み手続き、船積み書類作成)を代行。
輸入業務(輸入手続き、輸入書類の保管、税関事後調査対応、税関折衝業務代行等)も代行できます。

設備輸送も、アルプス物流の安心感を

産業界のお客様が多いアルプス物流は、産業機器や医療機器、測定機器など、海外への工場設備輸送も豊富に取り扱っています。搬出から輸送、解体、搬入、据付まで、高度な専門知識に裏打ちされた正確かつ安全なサービスをご提供。小さな電子部品から大型設備輸送まで、国際輸送はアルプス物流にお任せください。