社会

サプライチェーン
マネジメント

サステナブル調達の考え方

アルプス物流グループは、「誠実」を基本とし、パートナー会社(サプライヤー)様を公正・公平に接するとともに、信頼ある協力関係の確立を目指します。また環境や社会にも配慮し、パートナー会社の皆様と一体となった取り組みを実践することで、持続的な成長と持続可能な社会の実現に向けて取り組みます。これらを実現するために、「アルプス物流グループ 責任ある調達方針」「アルプス物流グループ パートナー会社行動ガイドライン」を定めています。

責任ある調達方針

1. 法令順守・公正・公平 アルプス物流は、パートナー会社とのお取引にあたり、適用される国家の法令、規則、規程等のみならず商習慣等も重視しながら正当な取引を⾏います。品質、納期、コストなどを公正に比較、評価し、グローバルな視点での最適のパートナー会社を公平・公正に決定いたします。
2. 人権と労働環境 国際的な人権に関する基準に則り、サプライチェーンにおける人権の尊重に努めます。また、パートナー会社の皆様と協力し、適切な労働環境を提供します。
3. 安全の確保 安全第一で行動し、安全の確保に努めます。パートナー会社の皆様とともに、交通安全と安全な職場環境づくりに取り組みます。
4. 環境への配慮 エネルギー使用量や温室効果ガス排出量の削減など、地球環境保全への配慮した調達を行います。また、環境マネジメントや環境負荷の軽減にあたっても、パートナー会社の皆様のご協⼒を得た運営を⾏っていきます。
5. 共存・共栄 パートナー会社とのお取引においては、相互の信頼関係に基づき、Win-Win の関係を構築するように努めてまいります。

パートナー会社行動ガイドライン